2008年04月04日

らせん階段

サーチ製作所、社長より
「仮組みしよるけん、見に来て〜。」
という事で、見に行きました。

おぉ!
R0012171.jpg

「かっちょいいじゃないですか!」

R0012174.jpg

「そうだろ!」と、社長。
トントントンと登って行く社長。
仮溶接です。まだ・・・

R0012175.jpg


その日、現場では・・・
石屋さんが束石を据えています。
基礎屋さんは、土を埋戻し中です。

CIMG7731.jpg

CIMG7730.jpg



posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

基礎ベースコンクリート打設

朝から、基礎のベースコンクリートの打設です。
お天気は良くひと安心です。

コンクリートを流し込む前に、コンクリート試験を行います。
生コン車で運ばれてきたコンクリートが基準を満たしているか、
現場で試験をします。

コンクリートの温度、スランプ、空気量、塩化物含有量について測定します。
試験結果です。
CIMG7688.jpg

そして、問題なくクリア。
やっと、コンクリート打設です。

打設.jpg


posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

配筋検査

基礎の配筋検査を行いました。

一部、基礎や土台が現しとなるため、
基礎にもいろいろと工夫をしています。

CIMG7672.jpg
posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

基礎工事

春の嵐?の次の日。
山からの湧水が多く、ポンプを据えての基礎工事となりました。

お父上が、
「うちの家や、雨が降ったら床下に水が流れよんじゃ。
屋根の水や大したことない。山の水の方が気になるのよ。」
とおっしゃっていたことを思い出しました。

山自体が大屋根のようなものなのです。

基礎屋さんや水道屋さんが協力して下さり、
湧水の多い箇所に有孔管を埋め、排水へつなぐことになりました。

R0011889.jpg

posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

顔合わせ会

各業種の職長さん達を集めての"顔合わせ会"を行いました。
忙しい中、多くの職長さんが集まって下さいました。
ありがとうございました。

うちの事務所で作っている、特記仕様書を読み
細かい仕様や現場でのマナーなど、確認しました。

DSCN2471.jpg
posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

建具搬入&地盤改良

古い建具をいただきに行きました。

万年山文庫の建具工事をして頂く、
富永建具さんに手伝ってもらいました。
お忙しい中、ありがとうございました。

軽トラ.jpg

万年山に到着。
お父上が置場を作ってくださってました。

搬入.jpg


現場の方は、柱状改良のコンクリート柱が埋まってました。

地盤改良.jpg

こんな感じです。

穴.jpg

既存倉庫のテラスでは、防水工事が始まってます。

防水工事.jpg





posted by M3 at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

着工です!

建築確認申請も無事おり、やっと本格的に工事着工です。

先住者の竹の根が、
柱状改良、基礎工事の邪魔になるので
掘り起こすことになりました。

竹の根.jpg
posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

トレジャーハンティング

地盤調査の結果、
柱状改良が必要となり
想定外の費用が必要に・・・涙


しか〜し、神様はいるのでした。

近々、取り壊し予定の家があり、
古い建具を頂けることになりました。

そして、早速
お施主さまご夫婦と中山棟梁と一緒に
ハンティングです。

ごく一部をご紹介。
建具.jpg

これらの建具がどのように生まれかわるかは、またのちほど。
お楽しみに!!!
posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

文庫のアプローチに、石を埋めます。
昔、サトウキビ搾り機?だった(施主のお父上いわく)石です。

しかし、厚みがありすぎて埋まりません。

石1.jpg


番匠中山棟梁、
「これ、切れる?」

石屋、
「ふん〜ん。木をきるようにはいかんのよな。
丸いけん、きれいに切れんかもしれん。
割りながら切っていかなあかんけんな・・・。」

番匠中山棟梁、
「まぁ、やってみて!」

と言うことで、次の日・・・

石2.jpg

施主お父上からの電話で、
「石屋が石を切ってきてくれたんよ。
良質の石でな、キレイに切れとんよ。
ほんでな、数が倍になったんよ!
また、どこに使うか考えないかんわ!」

見に伺うと、

石3.jpg

「杢の模様が出とんでよ。」
と、水をかけて見せて下さりました。

「ほんまじゃ!」

posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

祝!地鎮祭

祝い事には最高の日ということで
節分の日に地鎮祭を行いました。

縄を張る竹は、裏山にある黒竹を
施主であるマスターはじめ
棟梁、内野ら"おとこし"が調達。

0203-1.jpg

0203-2.jpg


これが基本の形らしいです。
棟梁いわく。

111.jpg

海のもの、山のもの、里のもの、鎮め物、御神酒・・・
鎮め物は、基礎工事の際に地面に埋めます。
posted by M3 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。